キャンプ未経験者がはじめてのキャンプをなしとげるまで・ホリデー家族の場合(5)

ホリデー家族のキャンプライフはこうしてはじまった。(キャンプ場到着の巻)

全ての準備を終え、ついにキャンプへ行く日やってきた。とうとうこの日がやってきたのだ。今回からとうとう”出撃編”!果たして家族で無事にキャンプ泊をなしとげることができるのだろうか。頑張れホリデー!負けるなホリデー!

前回記事(第4話)はこちら

キャンプ未経験者がはじめてのキャンプをなしとげるまで・ホリデー家族の場合(4)

2017.09.20

前日の準備

キャンプ当日の話の前に、、(まだあるんかい。。)大事な大事な前日の話から。前回の記事までであらかた準備は終わったものの、直前での準備もいろいろあるのがキャンプなのです。

食材の下ごしらえ

車の積載量には限界があるので、キャンプに余計なものは持っていけない。それは食材も同じ。クーラーボックスという限界があり、いつものように冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと、、とはいかないわけで、何を食べるのかメニューは事前に決めておく必要がある。今回はゆみさん家族と合同キャンプなので人数も多いし相談してみよう。

ホリ
キャンプのごはんメニューどーするー?
ゆみさん
あ、うち料理苦手やねん。ホリデー家、料理得意やろ?うちはBBQの材料はもっていくから、その他のメニューはホリデー家にまかせたわ〜
ホリ
お、、おう、、

キャンプ未経験者に考えさせて大丈夫か、、まあそういうことなら勝手に考えさせてもらいます。あれこれキャンプ飯の妄想は膨らむも、夜は絶対寒くなるから身体が温まるものが良いし、現地でぱっと簡単につくれるものが良い。ということで夜のメニューは「ほうれん草のカレー」と「鶏のスープ」、それにゆみさん家の「BBQ」。朝は「豚汁」で決定な。

早速下ごしらえにとりかかる。それぞれ野菜は家であらかじめ切っておくと良い。キャンプ場の調理環境は水道もシンクもないので、家と比べると便利さにおいては当然劣る。現場でゼロから下ごしらえすると効率も悪いし、せっかくのキャンプ時間がもったいない。カットした人参やら玉ねぎやらをジップロックに入れておく。ほうれん草のカレーも前日につくってジップロックで冷凍保存。スープ用の鶏肉をマリネ液に漬け込みジップロック、呑みの付け合わせにゆで鶏をつくってジップロック〜!ジップロックさまさまです。
ジップロック使って食材準備

パッキング

自分たちや娘の着替えもバッグに詰めた。その他の様々な道具は家にあった無印の頑丈ボックスに詰め込む。が、全然足りないのでボックス買い足し。
・キッチン周りボックス
・火器周りボックス
・ランタン周りボックス
・その他ボックス
4つもボックスが!荷物どんだけいるんだよ〜。。クーラーボックスの中身は当日朝詰め込むとして、さあ、ここまで来たら明日に備えて寝よう!正直これまでの準備で疲労困憊、、この日は一瞬にして寝落ちる。

持っていくものリストの確認

気分が高揚していたのか朝5時に目が覚める。さあ、いよいよ荷物を車に積んでいくぞ。

キャンプ道具を厳選したといっても、何かとモノイリなキャンプ。当日の朝に詰め込む際に道具を忘れちゃった、みたいなことのないように、初心者こそ持って行くものリストをつくっておくことをオススメ。うちはグーグルスプレッドシートに持っていくものをまとめ、同行するゆみさん家族と共有。
グーグルスプレッドシート
このやり方は大成功でゆみさん家族が書き込んでくれたアイテム見て「なるほど〜、、そういうのがあると便利なのか!」って気づきがたくさんあった。そのリストに照らし合わせながら指差し確認、、よし全部ある!

いよいよだ。全ての準備が整った。

ドラクエ3でいえば、全てのオーブを集めてラーミアさんをゲットした感じ。王者の剣も光の鎧も勇者の盾も光の玉も手に入れちゃった感じ。抜かりはない。
そしてキャンプ場へ...

キャンプ場へ行こう!

さて、目指すハーゴン城 キャンプ場はここ、ロンダルキア台地 岐阜県にある「奥長良キャンプ場&WANKO」だ!

ん?岐阜?誘われた時はあんまり深く考えなかったけど、大阪から車で3時間、、遠くない?ゆみさんなんでこんな遠いところにしたん?(答:ゆみさんちは愛犬むーちゃんが中心のキャンプ場選びをするため、ドッグラン等犬用設備が充実してるキャンプ場をよく探してるのです。今回のキャンプ場もなんてったって「WANKO」ですから。)まあ、ここまで来たらどこへだっていきますとも。

行軍BGMは水曜日のカンパネラ「桃太郎」。娘のリクエストでノンストップリフレイン「桃太郎」。岡山とは反対方向だけど「桃太郎」。

途中休憩をはさみながら車を走らせること3時間半、

否、キャンプに行くと決めてから4記事分の長い長い準備を経て

このままキャンプ場にはたどり着けないんじゃないか、と不安になったあの日々を乗り越え、

そもそもキャンプ場なんてこの世にはないんじゃないか、という錯乱から我にかえり、

とうとうホリデー家はきりっと澄んだ空気に溢れたキャンプ場に降り立ったのであります!!

すごいぞ!ラピュタは本当にあったんだ!

FIN…
(BGM♫:君をのせて)

.
.
.
.
.
.
.
いやいや、終わんねーからっ!!

初めてのテント設営

ホリデー家族がのんびりもたもたキャンプ場に向かう間にとっくにゆみさん家族は到着していて、テントもほぼ建てちゃってる状態。サイト使用料等の料金も先に払っていてくれたようで。重ね重ねありがとう。ということで所定のサイトに車を停め荷物を下ろす。ルーフキャリアに沢山荷物を載っけていたので、荷下ろしだけでも結構大変。。

さあ、いよいよ今日宿泊するテントを建てる時がきた。

構造を理解すればテントは難しくない!

実は2日前にテントの設営は練習済みで、建てる手順は理解している。ぶっつけ本番でもいいんだけど、テントの構造を理解しないままキャンプ場に行ってわたわたすると結構な時間をとられて他のやることができなくなってしまうことも。初キャンプに行く前にぜひ設営の練習することをオススメします。

では、テントの構造をおさらい。我がホリデー家の城、snowpeakの「リビングシェルロング」はこんなパーツで出来ている。
リビングシェルロングの構造
えっさえっさとポールを組み立て、フライシートに差し込み、所定の位置にぶっ刺すだけでみるみるテントが立ち上がる。思った以上に簡単!自立式のシェルターなのですでにほとんど完成!でも、このままでは風に煽られたらテントはどっかに飛んでいってしまう。立派な幕体が浮き足立たないようにしっかり大地に根を下ろさなければいけない。シータも言ってたよね、

どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ。
(リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ)

って。

鋳造ペグは初心者にこそオススメ

そこで必要なのが「ペグダウン」という作業。テントを固定するため、ペグと呼ばれる杭をハンマーで打ちこんでいくわけ。
ペグ打ち

ペグ打ちの方向はロープに対して垂直方向に倒すと強度が上がって吉。
ペグ打ちの方向
テント購入時に付属でアルミ製のペグはついているのだが、これが結構やわい。硬い地面に刺さらない、無理して打とうとすると割とすぐ曲がる。高校時代の山岳部でアルミペグがよく曲がって苦労していたことをぼんやり覚えていたので鋳造ペグと呼ばれるアルミよりも硬い鉄製のペグをあらかじめゲット。スノーピークの「ソリッドステーク」という商品が有名らしいが、それと同性能?で価格抑えめの「エリッゼステーク」を揃えた。

エリッゼステーク
ためしに付属のアルミペグと打ち比べてみたのだけど、地面への刺さり具合が明らかに違う!地面って思ったより硬い場所が多くて上手く刺さらないところも多かったりで、ペグ打ちはなかなかの重労働。登山だと鋳造ペグは重くて持ってらんないんだろうけどオートキャンプだったら重さは気にしなくて良い。このペグ打ち作業を快適にし、さらに強度的な信頼感も期待できる鋳造ペグは初心者にこそオススメしたい必須アイテム。

テント設営できたよ〜!

それと初めてキャンパー的に目うろこだったのがこの自在金具。張ったロープの長さをあとあと調整できる優れもの。
自在金具
テントを設営する場所によってはどこにペグ刺せるかわからないわけで、ロープの長さはあとあと変えれるようになっている。よく考えられてるなあ、とひとしきり感心。(いやあ、、こんな当たり前すぎることに感動しちゃうくらいの初心者でしたよ)

布を棒で支えロープとペグで固定していく、それだけで堅牢な住居ができあがる。す、、すごい、、テントってすごい、、

テントが立ち上がったら内部の空間に「寝室」。グランドシートをひいてインナールームを取り付け。
インナールーム
さらにその中にインナーマットに銀マット、ホットカーペットやインフレーターマットをひいて寝床が完成〜!どの向きに建てるのか悩んだり、張り綱まで真面目に全部やって、結局1時間以上かかったけど、やっと設営完了!
初めてのテント設営、できあがり!
じ〜〜ん、、とうとうキャンプ場でテントを建てたよ。。今日はここにみんなで寝るんだよ。。すごいなあ。。すごいなあ。。(犬放し飼いOKサイトのために柵が張り巡らされてて、、せっかく建てたテントがよく見えませんw)

教訓:テント設営の練習はやっとけ!

キャンプ飯ってうますぎる!

テント建てたところですでにへとへとになったのでおやつタイム!遠足かっつーくらいスナック菓子を持っていくものの、結局食指が動いたのがポップコーン。
popcorn
ポップコーンの素をフライパンで温めるとそのうちポンポンと膨らんで、これ楽しすぎ!塩振ってバターたっぷり溶かして出来立てポップコーン、これ美味しすぎ!イベント感もあってキャンプにぴったり。楽しくなっちゃってビールをぷしゅっと開ける。

夜のメニューはほうれん草のカレーと鶏のスープとBBQ。スノーピークのパンクッカーセットのライスクッカーではじめての炊飯、、どきどき、、ちゃんと上手く炊けるのか一抹の不安を抱えていたけど、完全に杞憂に。やばい、、火で炊いたご飯、超うますぎる!このシロメシをおかずに10杯はいける!って感じよ。(すんません、、写真なし。。)

一晩マリネした鶏肉で出汁をとったスープは、冷え込む夜に嬉しい一品。
鶏のスープ
は〜い!みんなごはんだよ〜!!
鶏のスープをとりわける
ほうれん草のカレーは湯煎して解凍、あたためるだけで出来上がり。手間かかってますからね、美味くないわけがない!
キャンプ最初のディナー
それと家で茹でてきた茹で鷄。
茹で鷄
このあとこの茹で鷄、ゆみさん家の愛犬むーちゃんがみんなの見てない隙にがさっと食べちゃった!

ぷしゅっとビールを開けて乾杯ぃぃ〜!!

ゆみさん家の用意してくれた炭火BBQの肉も喰らう!もりもり喰らう!ばくばく喰らう!
(食べるのに夢中で肉の写真撮ってない!!)
ごはんがすすむ
ただ、ひたすら食べる。呑む。

たったこれだけのことなのに。

なんて幸せなんだ。

結論:外で食べるメシは魔法でもかかってんのか、っつーくらい最高に美味い。

お風呂にGO!

野外で過ごすのに銭湯とか邪道?そうなのかもしれないけど、日中活動してかいた汗を流せる銭湯がキャンプ場の近くにあるとそれはもう天国。(キャンプに慣れてきた今でもキャンプ場を選ぶにあたって銭湯が近くにあるかどうかをつい調べてしまうほど、ホリデー家にとってお風呂は超重要ポイント。)

初回キャンプのこの日はほんとに冷え込んでて、あったか湯船は何にも変えがたい価値がある。ということでキャンプ場から車で15分くらいにある銭湯にゴー!しかし、ごはんでのんびりしすぎて到着したら閉店間際。時計を見ると15分しか入れない、、それでも入らせてもらえるのはありがたく、急いで湯船へダイブ!
温泉に浸かる
うはあ、、、極楽すぎるでしょ、、これ。。

教訓:お風呂の時間は計画的に。

幸せな時間は過ぎる

お風呂から自分たちのテントサイトに戻る頃にはすっかり夜も更けて気温もぐっと下がるなか、焚き火にあたって暖をとる。これがまた幸せな時間で。おっと、そろそろ時間です、今日はここまで、その辺のハナシはまた次に。

次回”キャンプはやっぱり甘くねえ!”「第6話」で堂々の完結!(たぶん)

キャンプ未経験者がはじめてのキャンプをなしとげるまで・ホリデー家族の場合(6)

2017.11.16

2 件のコメント

  • インスタを拝見しておしゃれなギアに見惚れてブログもあるのかと飛んできましたが、今年から始めたとは思えない装備で素敵です。ブログおもしろいです。続き楽しみにしております。

    • ケムケムさん、インスタからこちらにも来てくださってありがとうございます〜!今年の出撃すでに12回、、猛ダッシュで駆け抜けてる感ありますが、今年の春まではほんと何にも知らなさすぎるど素人でした(^_^;)これからもどうぞよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です